チンギス・カンとその友人たち



 
トップ メイル/リンク
 

  長春真人の旅 The Travels of Changchun zhenren

彼の旅行記は弟子の李志常が記述し、「長春真人西遊記」として残っています。その行程が図となっているのは、日本では下の二つです。 その出版年には五十年以上の間隔がありますが、それほど詳しくなっているようには見えませんし、行程の違いの理由が良く分かりません。 二人が出会った地点が一番知りたいのですが明かにされていません。グーグルマップを使えばもっと詳しく道筋を辿れるのではないかと思いました。


出発地は宣徳府、現在の張家口市宣化区です。西遊記の記述に従い、立ち寄った地点を順に確認して行来ました。研究ノートを読めば旅の速度が27km/日前後の区間と、 60km/日程度の区間にはっきりと別れているのを知るでしょう。これは牛車と騎馬による行程速度の違いです。これによりどのように旅を進めたのかを推測することができ、 今まで不明であったいくつかの地点を明らかにすることができました。そして出来上がったのが下の地図です。研究ノートにはこのように決めた根拠を地図を入れて詳しく説明しています。 グーグルマップを見ながらあなたも当時の旅を再現して下さい。困難な旅程を踏破する喜びが味わえ、真人の思いや、チンギス・カンの息吹にも触れられるでしょう。 思ってもみなかったような所に遺跡を見つけ、道路標示のない所に激しい交通の痕を見出して驚くでしょう。
 なお、チンカイ城をはじめ、他の遺跡の探査と調査にも多くの日本人研究者が係わっています。 その成果の上にこの地図が出来たことを付け加えておきます。研究ノート(pdf)を読む

          
Copyright © 2018 Chinggis Khan and his friends All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座