チンギス・カンとその友人たち



 
トップ メイル/リンク
 

 チンギス・カンの前半生  Chinggis Khan's first half life

 

  その1 テムジン誕生す

イェスゲイは、他人の嫁だったホエルンを強奪して自分の嫁にします。そして男の子が生まれました。 その時、イェスゲイは敵の大将テムジン・ウゲを捕えて帰って来たので、それを記念して子にテムジンと名付けます。 でも、日本人は不思議に思います、「負けた将軍の名を付けるなんて、縁起の悪い」。なぜそんな名を付けたのでしょうか? それ以上に、イェスゲイがホエルンを奪った行動は、草原の掟に反する犯罪でした。にもかかわらず、しばらくして彼はモンゴル軍の指導者にもなります? そして、彼の運命が決まる要因にもなりました。その理由を考えて見ます。
研究ノート(pdf)を読む
 

  その2 父の死

テムジン9歳の時、父イェスゲイはテムジンの嫁探しに出かけます。そしてデイ・セチェンの娘ボルテに決め、 テムジンを婿として置いて一人で帰路に着きます。その途中のチェクチェル山の麓で敵部族であるタタルの宴会に出会って立ち寄ります。 出された飲み物に毒を入れられイェスゲイは3日後亡くなります。その翌春、父を亡くした一家は部族の多くから見捨てられます。 そこからテムジン一家の苦労が始まるのですが、元朝秘史の内容は錯綜していて、テムジンが成人するまでの事が良く分かりません。 これを、母ホエルンの心の動きから再構成して、不明点を考察しました。そうすると、今まで定説のなかったチェクチェル山が、 思いがけない所にあるのが判明しました。また、成人したテムジンとタイチュート氏族との闘争は有名ですが、理由がはっきりしていませんでした。 集史の記述を参考に、父イェスゲイの時代から始まるその問題を明らかにしました。
研究ノート(pdf)を読む
Copyright © 2018 Chinggis Khan and his friends All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座